申立人に対する集金を対象内として

まず、個人が破産を請求するまで負債のあるその人に直接の電話使用の返済要求と債務者当事者の住んでいる家への訪問での徴収は無法というわけではないということになっています。80-14-23

そして、自己破産の手続きに進んでから申し込みまでに無駄な時間がかかってしまったケースには債権保持人は強硬な返済要求を行う確率が高くなります。80-20-23

債権保有人側としては債権の支払いもされずに、自己破産などの法的な対処もされないといった状態であれば組織内部で対処をなすことができなくなります。80-11-23

それと、債権人の過激派は法律家につながっていないと知ったなら強引な返済請求行動をしてくる企業もいます。80-4-23

司法書士の人および弁護士事務所に依頼した場合には、一人ひとりの債権保有人は負債者に対しての直接回収を続けることができません。80-8-23

SOSを把握した司法書士の担当者か弁護士事務所は要請を受けたという意味の書類を各権利者に送りそれぞれの債権者がその手紙を受領した時点から被害者は取り立て屋からの取り立てから放たれるという流れになります。80-18-23

付け加えると、会社や本籍地へ訪問する返済要求は貸金業法のガイドラインによって禁止となっています。80-19-23

登録されている会社であれば会社や故郷へ訪れての取り立てが貸金業法に違反しているのを認知しているので違法だと伝えれば、そういった集金を継続することはないと考えられます。80-10-23

破産に関する申請の後は、申立人に対する集金を対象内として、すべての集金行為は認められなくなります。80-13-23

よって債権者による返済要求行為はまったくなくなることになります。80-15-23

しかしまれに知りながら連絡してくる取り立て業者も存在しないとは思えません。

貸金業であって登録されている会社であれば、自己破産の申請後の返済要求が法のガイドラインに抵触するのを把握しているので、違反だと言えば、法外な徴集を維持することはないと言っていいでしょう。

といっても、闇金融と呼ばれる登録外の取り立て屋についてはこの限りではなく、危険な返済要求などによる被害事件が増え続けているという現実があります。

法外金融が取立人の中にいるかもしれない場合はどんな場合であれ弁護士の会または司法書士事務所などの専門屋に助けを求めるようにするといいです。