クレジットカードが有効

加盟店舗でどれもの契約カードが切れるわけでもない◆クレカの契約店舗は一般的に、二、三以上のカードサービスに加盟していますが不便なことにどれものお店で一切の種類の所有クレジットカードが決済可能なんではありません。

例をあげていうと昔からある契約店舗のときはJCBロゴの書いてあるカードしか使えないときもありますし、今日の加盟店舗ならばVISAとマスターロゴの入っているカードだけしか決済不可なときもあるでしょう。

銀聯カードなどのクレカ会社の場合は、もっともっと使用不可なお店が多いでしょう。

どのクレカが決済できるかをどこで見分けるといいんだろう?「ならばどのような方法でどのロゴの所有クレカが使用可能かというのを判断すると良いのか?」という質問だけどきちんとしたことを理解するのだったら該当店舗の方に確認してみるしかないというのが残念ながら正解。

だが大多数の商店やショッピングセンターには加入店のエントランスのスペースに決済可能なクレジットカード会社のブランドがプリントされているシールが付けられているんで「ふーん、あそこの店舗ではダイナースカードが決済可能なのね」というのが迷わないようになってるため頭に入れておいてください。

しかしながら、細かく管理が出来ていない店舗で決済する場合には、ロゴが掲げられているお店でも「ここではご使用のカードはご使用いただけません」なんて回答をされてしまうケースもないといえなくもなくメンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。

欲を言えばできる限り十分な数のショップでクレジットカードが有効であるようにしたいならば異種のブランド(国際印)が書かれている一般的なVISAカード、マスターカードJCB、アメックス、などのクレジットカードをいくつか携帯するようにするとよいと思います(例:ライフカードをすでに持っているならその次はダイナースカードブランドのクレジットカードを携帯するようにするとする等)。

もっぱら日本ではVISA、MasterCard、JCBカードの3つのロゴが書いてあるクレジットカードを常時携帯しておけば、おおよそ100%近くの契約店舗で少なくとも1枚のクレジットカードを使用するよう準備万端というわけです。

カードをいつも財布に忍ばせて日々節約を目標とするのであれば言うまでもないが少なくともこの3枚のクレジットカードを所有しておいていただくようお勧めします。