クレカを使うと

カードを店舗にて利用する場合もれなく感じたことがあるのではと思うのだがレジの人がわかっていないためどちらのレシートを利用者のもとへ渡したら良いのか迷っている時があります。産業医 紹介 大阪

といいますのも、クレカを使うと、レジから複数の利用明細というものが吐き出されるからであり、それらのうちどの明細を利用者の方へ渡すべきなのかわからないというケースがあるのです。PCマックス

紙の正体とは)それではこの複数枚の利用レシートの内容はいかなるものなのかについてまとめると下の通り。https://www.huweather.com/

1お客様へ渡す紙。

2店舗控え使用レシート。

3カード会社控え紙(サインをするレシート)。

普段はあたりまえのようにカード利用者側へ保管して頂く使用レシートの方を渡すはずなのですが、時には、店舗控え用のレシートを客に見間違えて渡してしまったことであったり、記名した方の明細を渡すいう事例すら見受けられる。

特にバイト従業員であるとか、いつもクレカというものが使われることの少ない店舗の会計でクレカを使用すると、こういった担当者の動揺を垣間見れるでしょう。

いつかレジ担当者が間違った明細というものを渡した暁には怒らずに「こちらじゃありませんよ」と一言直してあげて欲しいです。