ふたつめはその時点で

どこにでもある外為の雑誌では「マイナスになった場合はナンピンをして平均の買い付け価格を低くする事が出来る」等書かれていたりする事もありますが、実際はそれにはかなり大きな落とし穴が待っています。過払い金請求 債務整理

はじめに、ナンピンのロジックについてとても簡単に説明しておこう。

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。

$買いですので円安ドル高に動くほど黒字が出るわけだが、思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高が進んでしまったとします。

そのままの状況でポジションを維持し続けたら、損がなくなるまでには、損した分、ドル高が進まなければなりません。

誰もが、損失は出来るだけ早く戻したいと願うだろう。

この状況を変えるため最初に売買したのと同じ量の$を1ドル=95円で買い増しする。

それによって、ポジション全体の平均の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

この結果、2円50銭の幅で円安に進めば、損を取り戻す事が出来ます。

こういったことがナンピン買いの手法です。

このように、ナンピン買いの理論を耳にすると「確かに」という気分になるが為替相場はそう易々と思うようにはいきません。

もとより、95円以下にならないとは誰にも分かりません。

マーケットがかなり強い円高トレンドであるならば、1ドル=95円ではとどまらずさらに一層円高ドル安が進む確率が高いです。

たとえば、1ドル97.50円でナンピンをした場合に1ドル=95円までドル安が速んだらナンピンをしたポジションも、マイナスが生じてしまいます。

それでは、最初にエントリーしたドルと合わさって二重の為替差損が生まれます。

このように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それなら、マーケットが自らの台本とは別の方向にどんどん進んでしまった場合、どのような手法でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

ここで選択する方法は2つだけあります。

まずひとつめはあきらめて、損を確定する事です。

ふたつめはその時点で、自分自身が保有している買いポジションを少なくしてもう一度為替が元のようになるのを待つことだ。

相当大人しい対策だと考える人もいるでしょう。

しかしながら、自分が保持しているポジションに損が生まれた場合、最も妥当な手法はそれ以外にはないです。

当然、理論としてはナンピンをする考え方も効果的です。

だがナンピン買いはあなた自身が損失を披っている状態でポジションを整理するどころか、逆に買いポジションを積み増していく対策です。

これでは、危険を管理することなどどう頑張っても無謀だと思うべきです。

ナンピンをし続ければその内勝てるかもしれない。

だけど、それ以前にお金は足りなくなってしまいます。