www.edogawafc.com
温泉に入る事は腰痛に効果を期待する事が出来ます。 出来る限り湯治は数日間連続して行う事が望ましいです。 最初は二回から三回程度の入浴を行います。 体調や様子の変化を確認しながら少しずつ回数を増やします。 湯治終了間際には最初の回数に戻す事が大切です。 入浴するタイミングは空腹時や満腹時を避ける事が大切です。 一回の入浴時間はおよそ十分から二十分程度が適しています。 入浴後には身体の保温や水分補給をしっかりと行う事が必要です。 又、布団に横たわり休憩する事によって湯治の効果を更に期待する事が出来ます。 ちなみに温泉の効用は一般的に四つあります。 一つは物理的作用です。 水圧や温熱等が自律神経へ影響を与えます。 一つは環境です。 温泉地ならではの環境は心身のリラックス効果を期待する事が出来ます。 一つは化学的作用です。 温泉独自の薬効を皮膚から吸収する事によって身体へ影響を与えます。 一つは温泉の非特異作用です。 実際に温泉へ出かける事によって薬剤とは別種の影響を身体へ与える事へと繋がります。